環境方針

<基本指針>

1.豊かな21世紀社会への貢献

環境との調和ある成長を目指し、事業活動の全ての領域を通じて豊かな21世紀社会へ貢献します。

2.環境に配慮した事業システムの追求

環境と経済の両立を実現する事業システムの追求に、積極的に取組みます。

3.自主的な取組み

未然予防の徹底と法基準の遵守に努めることはもとより、その他の要求事項を踏まえた自主的な改善計画を策定し、継続的な取組みを推進します。

4.社会との連携・協力

関係会社との協力はもとより、企業市民として社会貢献活動を積極的に行い、地域社会との連携・協力関係を構築し、環境保全活動に取組みます。

<行動指針>

フォレスタヒルズは、地域・地球規模での環境保全の重要性を深く認識し、恵まれた緑豊かな森を持つ総合余暇施設(宿泊・婚礼・宴会・スポーツクラブ・流水プール等)として「人と自然にやさしい」を合言葉に、環境との調和を目指します。

1.いつも環境に配慮して

調達・生産・使用・廃棄に至る全ての事業活動の段階で積極的に取組みます。

1)廃棄物排出の最小化  2)環境改善に寄与する活動の推進

2.社会の一員として

企業市民として、社会的な取組みへの積極的な参画をします。

1)環境に関する社会貢献活動への参画 2)事業以外でも貢献

3.よりよい理解に向けて

積極的な情報開示・啓発活動に努めます。

<体制>

フォレスタヒルズ環境委員会(委員長:社長)により推進する。

制 定 日:2009年3月31日
株式会社トヨタアメニティ
代表取締役社長  小倉 敦